キッズ政治漫画(Hatena版)abemaぶっ飛ばせ!

キッズ政治漫画 安倍自民党のうんこ性研究サイト. 日本の政治・社会のニュースを、小学生対象にして、漫画にして報道します

丸川珠代(本名:大塚)、男女別姓に断固反対の答弁(日本会議の絶賛を浴びる)

丸川珠代(本名:大塚)、

男女別姓に断固反対の答弁(日本会議の絶賛を浴びる)

 

https://youtu.be/XfpRMedV6vs


丸川珠代(本名:大塚)、男女別姓に断固反対の答弁(日本会議の絶賛を浴びる)

「拉致バッジ(ブルー色のやつ)」の欺瞞性。

「拉致バッジ(ブルー色のやつ)」の欺瞞性。

悪人の安倍チン三と今井尚哉が、仲良く二人して、やっている「拉致バッジ」。

拉致問題でなにもできなかった、最も不熱心だった安倍内閣の二人がやっていることが象徴的で、

それは、「拉致バッジは”政治利用の利得”を黙して語る。」つまり、拉致バッジ、こんな不誠実の証は見たことがないくらい。

f:id:wellwellbeing1:20210303130559j:plain

ドクター・スースでさえ、人種差別を自己批判。 小池百合の酷い朝鮮人差別を許すことはできない。オリンの都知事を辞職せよ!

ドクター・スースでさえ、人種差別を自己批判

小池百合の酷い朝鮮人差別を許すことはできない。オリンの都知事を辞職せよ!

https://youtu.be/iNe-0PCehRQ

youtu.be

引用:朝日新聞

ドクター・スース絵本6冊が出版中止 描写「人種差別」

2021年03月03日 10:05  朝日新聞デジタル

朝日新聞デジタル

写真販売が中止されることになったドクター・スースさんの絵本「マルベリーどおりのふしぎなできごと」=AP
販売が中止されることになったドクター・スースさんの絵本「マルベリーどおりのふしぎなできごと」=AP

 米国で最も有名な児童文学作家の一人、故ドクター・スース(本名=セオドア・スース・ジーセル)さんの権利管理会社は、スースさんの誕生日の2日、内容が人種差別的だとして、絵本6冊の出版をやめる意向を明らかにした。


 出版が中止されるのは「マルベリーどおりのふしぎなできごと」「おばけたまごのいりたまご」など。同社は声明で「教育者を含む専門家たちと協力してカタログを見直した。これらの本は有害かつ、誤った方法で人びとを描いている」と理由を説明した。


 スースさんの著作をめぐっては近年、アジア人や黒人の描き方が不適切だとする批判が相次でいる。トランプ前大統領の妻メラニアさんが2017年、スースさんの著作10冊を学校に寄贈したところ、司書が「彼のイラストは人種差別的なプロパガンダや風刺画、有害なステレオタイプが染みついている」として、蔵書には加えないと公表した。


 例えば「マルベリー」では、目のつり上がった中国人が、円錐(えんすい)形の帽子をかぶって箸とどんぶりを持つ姿で描かれている。18年にはスースさんの博物館から、この中国人を描いた壁画が撤去された。


 スースさんは1984年、ピュリツァー賞特別賞を受賞。91年に死去した後も「いじわるグリンチのクリスマス」「キャット・イン・ザ・ハット」などの絵本が世界100カ国以上で読まれている。フォーブス紙は昨年、「セレブの死後収入ランキング」で、マイケル・ジャクソンさんに次ぐ2位に選出した。(ニューヨーク=藤原学思)

日本維新の最初の逮捕者か。おおづめの愛知県署名偽造・維新事件。松井大阪市長が2番目だろう

日本維新の最初の逮捕者か。おおづめの愛知県署名偽造・維新事件。松井大阪市長が2番目だろう

 

リコール運動事務局幹部=維新の山田豪(たけし)市議、警察から任意で事情聴取受けたこと認める 偽造疑惑は「お話しできない」

配信

 
メ〜テレ(名古屋テレビ)

メ~テレ(名古屋テレビ

また、維新が逮捕。前維新議員候補の花崎広毅。しかも、現在は自民党の武村展英の秘書をやってる。

また、維新がわいせつ逮捕。前維新議員候補の花崎広毅。しかも、現在は自民党武村展英の秘書をやってる。

f:id:wellwellbeing1:20210302203242j:plain

衆議院議員の公設秘書を逮捕 女性のスカートにスマートフォンを差し入れた疑い

配信

 
関西テレビ

安倍の逮捕は、「サルコジ型」か「金正恩型」か。待ち遠しい安倍の強制労働の日々

安倍の逮捕は、「サルコジ型」か「金正恩型」か。待ち遠しい安倍の強制労働の日々

f:id:wellwellbeing1:20210302100025g:plain

引用:時事

サルコジ元大統領に禁錮3年 捜査情報めぐる汚職事件 仏

配信

 
時事通信

1日、パリの裁判所に出廷するフランスのサルコジ元大統領(AFP時事)

 

引用:高英起氏

北朝鮮軍大佐を「見せしめ」公開処刑…禁断の"楽しみ"発覚

北朝鮮朝鮮労働党組織指導部と軍事部は、朝鮮人民軍北朝鮮軍)の第3軍団と第8軍団で、思想統制を担当する保衛・政治軍官(将校)を対象にした検閲(監査)を2月15日まで行っていた。

 

その翌日からは朝鮮人民軍連合指揮部が、軍官の自宅に対する抜き打ちの検閲を行った。その結果を受けて、50代の軍官が処刑された。彼を死に追いやった犯罪行為は、「韓流を見た」ということだった。